新型コロナ感染拡大防止のため、最近は透明スクリーンを一枚隔てての会話が多くなりました。

スーパーのレジで店員さんから声をかけられても、「えっ?」と聞き返すことがしばしば。。。

声が正確に届かないのは、ちょっと不便ですよね。

 

話し方教室に来られる生徒さんで多いのは、「私は早口で、何を言ってるかわからないと言われます」という人。

自分が早口だと気づいているので、意識してゆっくり会話をする練習をします。

困るのは、自分が早口だと気づいていない「早口さん」。

指摘しても、なかなか早口だということがわからないようです。

「クセだから、仕方ありません」で済ませてたら、人生もったいない。

早口は損をします!

買い物で接客してくれた店員さんが早口でまくしたてたら。。。

こちらは疲れますよね。

「面倒だし、今日は買い物するのやめよう」ってなりかねません。

早口で、言ってる内容が理解できなかったら。。。

最初は聞き返していても、「何度も聞き返すのは面倒だし、ここで買うのはやめよう」って気持ちが芽生えます。

営業が仕事の早口さん、営業成績上がりません。

友人関係も、仕事関係も、話の内容がしっかり伝わらないと、コミュニケーション不足で不都合が出てきます。

特に電話で会話する時は、目を見て話す時よりも大げさなぐらい「ゆっくり はっきり」喋る必要があります。

私は県外出身で、30数年前に宮崎に来た時、宮崎弁がわからずに苦労しました。

会って、目を見て話す時は、雰囲気で内容が伝わることもありますが、電話で宮崎弁を話されると、まるで理解できずに何度も何度も

聞き返していました。

しかも、宮崎弁は早口だと、まるで異国語です。

 

今は自分自身もすっかり宮崎弁。

電話でも大丈夫ですが、やっぱり「電話の早口さん」は、相手を不愉快にします。

何をしゃべってるかわかりません。

ゆっくりはっきり話してください。

相手が高齢者や子どもの場合はなおさらです。

自分の喋りのペースが、どのくらいなのスピードなのかを自覚してください。

そうじゃないと、損をすることがいっぱいあります。

損をしてからじゃつまりません。

 

自分の話し方について、もっと見つめ直してはいかがでしょうか。

いろんな発見がありますよ。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

Contact tel

ご相談などお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

Mail form

お名前 必須

メールアドレス 必須

電話番号 必須

メッセージ本文