「口の位置を移動させる」しゃべり方

もちろん、口の場所が本当に移動するわけではありません。

しゃべる時に、自分の口の場所をイメージするということです。

例えば、「おでこ」に口があるとイメージして声を出すと、高い声が出て、そのまま声を大きくすると遠くに向けて叫ぶようになります。
でも、「おでこ」の位置から小さい声を出すと、うわついた声になり、聞いてる人にとってはストレスを感じることが多いようです。

いろんな声があり、それは個性でもありますが、その場に適した声の高さでしゃべることも大切です。
口の場所を「おでこ」「鼻」「喉」「胸」「お腹」。。。。。
いろんな場所に移動させて話すことで、内容をしっかり伝えたり、安心感を与えたり、好感を持ってもらえたり。。。
様々なメリットがあります。

そんなしゃべり方の方法を知ると、自分のしゃべり方に自信が生まれ、人前で話すのが楽しくなります。

それって、どんなこと?と思われた方は、話し方講座に参加してみませんか。
声の出し方を試すって、意外と楽しいですよ。

電話でのお問い合わせ

Contact tel

ご相談などお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

Mail form

お名前 必須

メールアドレス 必須

電話番号 必須

メッセージ本文