漠然と話したら、相手には漠然としか伝わりません。

「お宅のカレーは、どんなカレーですか?」と聞かれた時、「甘口カレーです」と答えたら、話はふくらみません。

では、どのように答えたらいいのか?

具体的なエピソード

「我が家は豚肉で作る」

「具は大きめにカットする」

「ルーは、2種類の甘口ルーを買ってブレンドする」

「サラサラより、とろみがあるのを好む」

細かく具体的な内容を話せば、相手の食卓が映像で浮かんできます。

「私もとろみがある方が好き」とか、「うちは鶏肉で作るんですよ」とか、どんどん話が広がります。

人と話す時は、話のテーマが映像で想像できるようにすることが相手への思いやりです。

会話で、相手に優しさを届けたいですね。

話し上手は、具体的なエピソードをたくさん伝えられる人です。

しかし!話が長くなっては相手に迷惑をかけます。

そこにはちょっとしたコツがあります。

そんな話し上手になるコツ、学んでみませんか?

お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

Contact tel

ご相談などお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

Mail form

お名前 必須

メールアドレス 必須

電話番号 必須

メッセージ本文