お片付けのお手伝い依頼を頂きました

依頼を受けて、お片付けのお手伝いをしました。

高校生の娘さんが2人いる、4人家族のお宅です。
常々モノを減らしたいと考える奥様。
しかし、ご主人がモノを抱え込んでて捨ててくれないそうです。

壊れたプリンターや、足が壊れて使えなくなったテーブル、着ることがなくなった職場の制服、古い下着や靴下。。。

捨てようとしても、またゴミ袋から出して元の場所にしまうそうです。

なぜなのかは、ちゃんとした理由を言わない。。。

どうしてでしょうか?

とりあえず、ご主人のものには手をつけず、共用部分のリビングを片付けました。

リビングには大きな収納スペースがあり、様々なモノが詰め込まれていました。
まず、中のモノを全て出し、「いる」「いらない」に分けました。

次に、「いる」の中から「いつも使う」「たまに使う」「いつか使うかも」に分け、「いつか使うかも」というモノは、今回手放してもらいました。

すると、大きな収納スペースにあったモノが3分の1に減り、どこに何があるのかはっきりわかる。
取り出したいモノがすぐに取り出せて、きちんと元に戻せる。

とても快適な状態になりました。

例えばマグカップ。
4人家族なのに、52個もありました。
気分によって使い分けるとしても、あまりにも多くありませんか?
本当に使うマグカップだけ10個に減らすことができました。

「いつか使うかも」というモノは、ほぼ「いつか」はこないまま年月が流れます。

「いつか」のことを考えるより、「今」が快適な方がいいと思いませんか?

モノが少なくなって、それが快適だと感じたご主人が、今まで捨てられなかった様々なモノを、自分で処分し始めたそうです。

モノを減らした時の爽快感が、ご主人をそうさせたんだと思います。

 

お片付けにはきっかけが必要です。

そのきっかけ作りのお手伝いをいたします。

ぜひお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

Contact tel

ご相談などお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

Mail form

お名前 必須

メールアドレス 必須

電話番号 必須

メッセージ本文