良い印象を与える声の大きさとは?

感じの悪い話し方より、感じの良い話し方をしたいですよね。

本人はそんなつもりがなくても、悪い印象を与える話し方になってしまう人いますよね。

自分では気付いてないし、悪気もないし、だからずっとそのまま。。。

その人をよく知る友人や仕事仲間は、本当は、その人がいい人だと知ってるから、何も言わずに付き合ってくれるかもしれませんが、 初めて会った人は、 「ちょっと感じ悪いな」って思うかも。

感じが良いか悪いかは、 まず、声の大きさです。

言葉を交わす人の頭を越えて、相手にベールををかけるように声を飛ばします。
体内の空気が、太い管を通って口から出るのをイメージし、 相手の頭の後ろに飛ばします。

相手が遠くにいる場合は、もちろん声が大きくなりますよね。

近くにいる場合も、油断せず、相手の頭の後ろに声が飛ぶようにして話をします。

そうすることで、ボソボソした喋り方が、ハキハキした喋り方になっていきます。

声を出す時の具体的なイメージを持てるかどうかで、話し方は変わってきます。

やってみると実は意外と簡単です。
話し方教室に来られた方は、「そういうことだったんですね」と、 納得してくださいます。
話し方に自信がないという方は、変われるチャンスです。

ぜひ気軽にお問い合わせください。

話し方教室では、感染予防対策をしっかりして、お待ちしています。
気軽にお越しください。

電話でのお問い合わせ

Contact tel

ご相談などお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

Mail form

お名前 必須

メールアドレス 必須

電話番号 必須

メッセージ本文