必要ないものが詰められた段ボール箱

知り合いから質問されました。

「引越しをして5年経ちますが、物置になっている部屋にダンボール箱が幾つかあります。
一度も開封していません。
どうすればいいですか?」

どうすればいいかって。。。
「丸ごと処分でいいと思います」とお答えしました。

5年間、開封しなくても生活できていたわけです。
必要だと思う物が入ってないダンボールだから、開ける必要がなかったわけです。
中身を覚えていないなんて、この先使う可能性がほとんどない物です。

それらのダンボール箱は、結構スペースをとっていたと思います。
そこから移動させることができたら、風通しも良くなって気分もすっきり!
晴れやかな気持ちになること間違いありません。

処分するにあたっては「分別」が必要になるので、開封することにはなると思います。
その時、「いつか使うかも。。。」と感じるかもしれません。
でも、思い出してください。

「いつかは来ない」

何年間も必要とせず、ダンボール箱の中に入れていたんです。
もう「いつかは来ません」
万が一、その箱の中に入っていた物が必要になった時は、その時に改めて手に入れてください。

必要のない物を暗い箱の中に詰め込んで、ただ置いてあるだけ。。。
そんなダンボール箱、お家のどこかにありませんか?

お片付けは、「気持ちに片をつける」作業です。
やる気にスイッチを入れたい方は、気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

Contact tel

ご相談などお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

Mail form

お名前 必須

メールアドレス 必須

電話番号 必須

メッセージ本文